1. Home
  2. 知ろう!学ぼう!
  3. 脱肥満! 目指せ適正体重セミナー

知ろう!学ぼう!

脱肥満! 目指せ適正体重セミナー

今回は、愛犬コンシェルジュさん主催のセミナー「脱肥満!目指せ適正体重セミナー」に参加してきました。
人間でも肥満は健康にさまざまな害を及ぼすとされますが、それは動物も同じこと。今回はワンちゃん同伴セミナーということで、ペットクリニック「CaFelier」の小林先生に、参加したわんちゃんの体型を見ながら適正体重になるポイントを、アドバイスしていただきました。

獣医師 小林充子先生
ペットクリニック&トリミングサロン&ショップ 「CaFelier」
予約制でゆっくりとお話できる、オーナー様にもペットにも優しいクリニック
「CaFelier」。その子に今何が必要なのか、将来的な可能性や寿命と治療方法の選択を、オーナー様と一緒にとことん考えて行くサロンです。

肥満とは

肥満とは体脂肪率が増加し、理想体重より15%以上重い状態、または、体脂肪率が35%以上の状態をいいます。
肥満になりやすい犬種として、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、シーズー、ミニチュアダックス、ビーグル、キャバリア、シェルティなどがあげられます。
ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーは、もともと水の中に入ることが大好きで、水難救助犬等の使役犬としても活躍する犬種のため、皮下に脂肪をためやすい体質になっています。
また、シェルティやポメラニアン、メスのキャバリアは適正体脂肪率が高い(他の犬種に比べて脂肪の量が多いのが普通)ので、体脂肪率で判断する場合はそれを考慮して下さい。
では肥満の原因は何でしょうか。

  • 過食
    食事やおやつなど、
    摂取するカロリーが明らかに多い
  • 運動量の減少
    完全室内のわんちゃんが増え、
    運動不足=消費カロリーの減少が起こる
  • 体質
    太りやすい体質
  • 年齢
    歳を重ねるに従い、活動量が減り、それに伴い必要とするカロリーが減るにも関わらず、摂取する食事の量が変わらない
  • 避妊去勢手術
    ホルモンバランスが変化することで、体重が増加するリスクが高くなる。性ホルモンの特性で、避妊・去勢手術の年齢が早ければ早いほど、のちに太りやすくなる

肥満のリスク

小林先生によるくびれチェック小林先生によるくびれチェック

そして「肥満」は多くの病気を引き起こす要因とされ、下記のような疾患のリスクがあります。

心臓
肥満の体全体に血液を送らなければならないため、負担が大きくなり、常に無理をしている状態になります。
関節
重くなった体重を支えるため、体のあちこちの関節に負担がかかります。
軟骨が固くなり磨り減ってくるため、神経にさわりしだいに痛みが出てきます。
内分泌疾患
クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や糖尿病を発症させるリスクが高くなります。犬ちゃんの糖尿病は「インシュリン依存性」タイプの糖尿病が多数を占め、肥満は発症の引き金になることがあります。
皮膚疾患
皮下脂肪が多くなることで、皮膚表面への皮脂分泌が活発になり、皮脂を好むマラセチア(カビの1種)やブドウ球菌が増殖することで、マラセチア性外耳炎、膿皮症などの皮膚疾患の発生率が高くなります。

1日に必要なカロリー量を知ろう!

  • 脱肥満! 目指せ適正体重セミナー風景今食べているご飯の、100gあたりのカロリー量を確認し1日に必要なカロリーをしっかりと割り出します。
  • 脱肥満! 目指せ適正体重セミナー風景干し肉のおやつは平均1本15kcal~20kcalです。
    おやつも含め、1日の必要なカロリーを確実に把握します。

そこで体重から割り出した1日のカロリー量と、日頃の食事やおやつが適正かどうか先生による一人ひとりカウンセリングが行われました。
みなさんも下の計算表からわんちゃんの必要なカロリーを割り出してみましょう。

(体重×30+70)×係数=1日に必要なカロリー

係数
生後4ヶ月まで3.0
生後1年まで・妊娠授乳中の母犬2.0
未避妊・未去勢1.8
避妊・去勢済み1.6
高齢期1.4
減量が必要なわんちゃん1.0

減量成功の秘訣は、私たちオーナーが

肥満=万病のもと

をしっかりと認識することです。

そして大切なパートナーのために、「何としても成功させる!」と固い意思をもって臨むことです。
パートナーは自ら減量や食事の用意をすることはできません。
成功するには100%オーナーさんにかかっています。
健康でイキイキと暮らすために、体重管理をしっかりしてあげましょう。

集合写真!

プロフィール

ペットクリニック&トリミングサロン&ショップ 「CaFelier」

獣医師 小林充子先生

年間150頭ものワンちゃんのお口の中を治療してきた小林先生は、わんちゃんの体に優しい無麻酔での歯石除去をされます。
わんちゃんのお口のトラブルにお悩みのオーナー様の強い味方です。

ペットクリニック&トリミングサロン&ショップ 「CaFelier」
ホームページ
http://cafelier.jp/
TEL
03-5454-2121
営業時間
9:00~12:00 / 14:00~19:00

愛犬コンシェルジュ

愛犬コンシェルジュさんのご紹介

愛犬コンシェルジュさんは、健康ナガイキをテーマに、ワンちゃんたちに最高の幸せをお届けする、愛犬に関する総合的事業を展開されています。「スパイラルエンザイム生酵素」や「ミクロビご飯」など、いつでも元気でいるために、毎日酵素を摂取する「酵素習慣」の商品もただ今大人気です!

ホームページ
http://aiken-c.com/

セミナー会場

Livingood

Livingood(セミナー会場)

自然や風を感じるリビングのような心地良い空間、フレッシュジュースやコーヒー&ティー、スウィーツやパスタ&プレート、ビールやカクテルなどを大切なお友達との素敵な時間を過ごせるカフェです。
各種パーティー、ワークショップなど多目的なスペースとしてもご利用をいただけます。

Livingood [ Cafe + Zakka + Dog Goods ]
facebook
http://www.facebook.com/livingoodcafe
TEL
03-5327-8938
営業時間
LUNCH TIME 11:30-15:00 / TEA TIME 15:00-18:00 /
LIVING TIME 18:00-22:00
(Food L.O 21:00 / Drink L.O 21:30)
  • Livingood(セミナー会場)
  • Livingood(セミナー会場)